女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

 

腰湯という言葉を聞いたことはありますか?腰湯とは読んで字のごとく腰を温めて、腸温活を行う1つの入浴方法です。
腸を温めることで健康になれるという話は聞いたことがあるでしょう。
実は、飲食物だけではなく入浴のやり方でも腸温活は可能です。

 

ここでは、女子力もアップすると言われる腰湯のルールを5つご紹介していきます。

 

腰湯の温度は高温で

 

女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

 

腰湯で温浴を実施する場合には、45度以上の高温で行うことがルールとなります。
もしも、いきなり高温では上手に腰湯ができない場合には、無理せずに少しずつ温度を上げていくといいでしょう。

 

大切なことは腰から下を温めて腸を温活することです。湯船にお風呂用の椅子などを設置し、その上に腰掛けておへそから下を集中的に温めましょう。
このときに上半身を冷やさないように注意して!Tシャツを羽織るなどして上半身は裸の必要はありません。
汗をかきやすいので、汗を吸い込む素材を身につけるようにしましょう。バスタオルを肩からかけるのもあり。汗を拭うこともできますよね。

 

腰湯は腰から下を集中的に温めるべし

 

女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

 

腰湯では腰から下を集中的に温めてください。半身浴では胸から下たあたりを温めますが、人によっては腰から下を温めるケースもありますよね。
それよりも高温でお腹を意識することが大切です。可能ならおへそから下を手のひらで円を描くようにさすって温めるようにしましょう。
高温浴の力を利用して短時間で腸を温めることが目的です。代謝が一気に活発化しますよ。

 

腰湯の温浴は5分?15分が目安

 

女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

 

腰湯の時間はおおよそ5分?15分です。最初は無理せずに5分から始めてみましょう。慣れてきたら徐々に時間を長くしていけるといいですね。
でも、長くても15分が目安です。それ以上の高温浴は体調不良の原因に。しっかりルールを守ってくださいね。
腰湯では徐々に上半身に玉のような汗が滲んできます。その汗の玉が浴槽にぽたぽた垂れる程度が目安です。1日に何回も腰湯をせずに一回の入浴に止めましょう。

 

もしも、通常の入浴のついでに腰湯を取り入れるなら、先に腰湯を行いましょう。後に取り入れるとのぼせの原因になってしまいます。
先に腰湯を行い、その後冷水でバスタブの温度を調整してください。その間にシャワーで全身を綺麗にしましょう。汗も流せて気持ちがいいですよ。

 

最後に上半身も含めてぬるめのお湯に短時間浸かって出る方法です。

 

水分を取りながら入浴するべし

 

女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

 

腰湯の方法で大切なことが、必ず水分を取りながら温浴すること。
お風呂にコップ一杯のお水か、ペットボトルのお水を持ち込むようにしましょう。汗をかくことで腰湯の効果が高まりますし、脱水症状の予防にもつながります。

 

ハーブとご一緒に

 

女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

 

 

腰湯の効果を高めて、病気の予防にもつながる方法がハーブやを使う方法です。古来より中医学では、腰湯が医学の手段として利用されてきました。

 

その際に利用するものが薬草です。
古来から利用されてきた薬草が大根の葉っぱ。天日干しにした大根の葉を3株ほどよく煮出してこしたものを腰湯に混ぜて利用します。
干した大根の葉っぱを入れるだけでも効果があるのだとか。

 

または、お好みの香りのアロマオイルを腰湯にたらしてもリラックス効果が高まります。
胃腸の調子を整えるハーブといえばペパーミントです。ペパーミントの葉っぱをそのまま入れてもいいですし、利用後のハーブティーの葉っぱを利用しても大丈夫。
もちろんアロマオイルでもいいですよ。これらを腰湯に一緒に使うと効果があります。

 

 

腰湯の効果・効能

女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

 

腰湯には一体どのような効果や効能があるのでしょうか。中医学では医術の1つとして利用されてきた腰湯。
ルールを守って、大根の葉を利用した場合には、冷え性や便秘、下痢の改善、皮膚疾患、婦人病の緩和などが期待できます。

 

また、薬草を入れなかったとしても、腸を温めることによって、生理痛の緩和、月経不順や不妊症などにも効果があると言われているんです。

 

また、代謝をアップすることからダイエット効果も期待できます。まさに、女性のための温浴と言えるでしょう。腰湯習慣を身につけることで低下しがちな女子力アップにもつながるかもしれませんね。

 

その他、お好みのハーブやアロマオイルを入れることによって、ハーブ特有の香りによる効能も期待できますよ。

腰湯で注意したいこと

女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

 

腰湯ではおへそから下を集中的に温めるため、上半身が冷えがちです。
下半身を温めることで上半身もポカポカしてきますが、温浴中に上半身を無防備にはしないこと。できるだけ上着やタオルで温めるようにしてくださいね。

 

また、腰湯では一気に汗を大量にかくため、湯冷めしやすいかもしれません。
冷やさないように体がポカポカしたままお布団に入り、眠りにつくことをおすすめします。汗はこまめにふいて、水分補給も忘れないようにしてください。

 

熱いお湯に入るのが腰湯です。だからと言って無理は禁物。
体調が優れないときや熱いお湯が苦手な場合には、自分で入れる温度で入るようにしましょう。

 

腰湯では腸を温めることが目的です。
そのため、腰湯のあとは、冷たい飲食物はできるだけ控えて、温かいものを飲食するようにしてくださいね。

まとめ

女子力アップに効果的!腰湯のルール5つ

 

女子力アップの方法に腰湯をご紹介しました。
生理痛や生理不順などで女性ホルモンのバランスに不安を感じている女性は一度試してみてはいかがでしょうか。
温かいお湯に短時間入る行為はダイエットにも効果的です。

 

気に入ったら、ぜひお好みのハーブも試してみてくださいね。きっと女子力がアップすることでしょう。